水質環境 お問い合わせ

塩酸回収装置
蒸留法/省エネルギー型
蒸留法/全酸完全回収型
硫酸回収装置
透析膜法+濃縮法
濃縮晶析法
冷却晶析法
濃縮法+晶析法
硝酸回収装置
蒸留法/省エネルギー型
蒸留法/全酸完全回収型
透析膜法/全酸完全回収型
硝酸・フッ酸回収装置
蒸留濃縮法
ホウ素回収装置
蒸留濃縮法/省エネルギー型
濃縮法+冷却晶析法
蒸発/濃縮/晶析装置
生産ラインでの濃度管理を
目的とした装置
廃液の減溶化を目的とした装置
生産ラインで利用される装置
水環境TOPへ戻る
製品紹介
■硝酸回収装置
蒸留法/省エネルギー型
蒸気を熱源として第1効用缶で発生したベーパーを第2効用缶の加熱熱源として使用し、順次効用缶数を繰り返すことにより省エネルギーを計ります。(2〜6重効用方式の製作が可能です。)
各缶の蒸発温度は一般に50〜130℃の間にて運転されます。
4重効用蒸発濃縮装置
硝酸+不純物(有機物)
蒸発 回収硝酸 (10t/H)
濃縮酸 濃縮液(不純物減溶化)
4重効用蒸発濃縮装置

4重効用蒸発濃縮装置イメージ

蒸留法/全酸完全回収型
硝酸廃液に硫酸を添加して、複分解しつつ、硫酸溶液中で蒸留することにより、遊離酸はもちろん塩の状態の硝酸も置換反応を行わせて回収します。
全硝酸回収率は95%以上になります。
強制循環式蒸発濃縮装置
硝酸+硝酸アルミ
蒸発 回収硝酸(0.5t/H)
濃縮液 硫酸アルミ濃縮液
(有価物:凝集剤)
強制循環式蒸発濃縮装置イメージ
強制循環式蒸発濃縮装置

透析膜法/全酸完全回収型
回収酸蒸留工程より抜き出される濃縮液(硫酸)を廃液に添加して、複分解しつつ膜分離装置で処理することにより、遊離酸はもちろん、塩の状態の硝酸も置換反応を行わせて回収した上、この回収酸を硫酸溶液中で蒸留することにより精製します。
蒸発濃縮+拡散透析+電気透析
硝酸+硝酸アルミ
回収 硝酸(回収率90%)
回収硝酸純度 硫酸10ppm以下
濃縮液   硫酸アルミ濃縮液
(有価物:凝集剤)
蒸発濃縮+拡散透析+電気透析

蒸発濃縮+拡散透析+電気透析イメージ
お問い合わせ